介護師になりたいなら資格を習得しておくべき`

学校選びの大切なポイント

食事

自分の希望にあった内容か

介護の仕事は社会の注目が大きい仕事の一つであり、介護の資格を取得出来る学校も増えてきています。たくさんある学校の中から、どういった基準で学校を選ぶと良いのでしょうか。まず、介護の資格を取るための専門学校には2年制と3年制があります。2年制では早く介護の現場に出て資格を生かすことが出来るメリットがありますが、その分、授業や実習のスケジュールがタイトに組まれているのが特徴です。3年制ではじっくりと時間をかけて資格取得を目指す内容となっています。また、3年制では同時に複数の資格が取れるようなカリキュラムを用意している学校もあります。実践の場で即戦力として活躍したい人は2年制、じっくり学びたい、複数の資格を取得したい人は3年制をそれぞれ選択すると良いでしょう。卒業後の進路も学校を選ぶ際の重要なポイントとなります。多くの介護の現場で新卒者を必要としていますが、卒業後の就職先が多数の会社や施設となっている学校では、幅広い選択肢の中から就職先を選べるメリットがあります。また、自分が仕事をしたいと考えている地域への就職者が多数いる学校を選ぶことも一つのポイントと言えます。もう一つ注目したいのが授業料です。多くの学校が受講するコース内容と料金を提示していますが、そこに「補講が含まれているか」をチェックします。資格試験前などには集中的に試験対策を行うための補講が行われたりしますが、個の補講が初期の授業料に含まれているのか、別途に料金が発生するのかは重要なポイントです。学校選びでは、自身が卒業後にどのようになりたいのかを具体的に考え、その希望に添ったカリキュラムを実践しているかどうかを基準に選ぶことが大切です。