介護師になりたいなら資格を習得しておくべき`

取得する上で知りたいこと

介護運動予防指導員は、高齢者が心身ともに元気で過ごせるよう手助けするのが主な仕事です。資格取得には、16講座を受講した上で、修了試験に合格する必要があるのです。講座・試験を受けるには、受験資格を満たさなければならないのです。

高齢化社会に必要な職種

職選びにおいては将来の不安や需要の問題もあり、悩まれる方もいるでしょう。良い職種には介護職が挙げられ、高齢化社会に求められているため注目の職種です。資格取得で就職できる可能性も高く、良い選択肢かもしれません。

取得により広がる活躍の場

介護士と老人

種類と取得方法

介護系の資格は複数あり、基本的に上位とされているものを取得した場合ほど、活躍できる場が増えることになります。最も初歩的な資格とされているのは、介護職員初任者研修です。取得することで初めて、施設利用者への直接的な介護サービスの提供が可能となります。また、取得には専門のスクールで130時間の講習を受けることが必要となるのですが、これは努力次第で1ヶ月程度で終えることができます。そのことから、介護施設で働くことを希望する多くの人が、最初にこれを取得しています。そして取得後には、追加で320時間の講習を受けることで、介護職員実務者研修というワンランク上の資格を取得できるようになります。さらに実地研修を受ければ、施設利用者の動作の介助だけでなく、流動食の経管投与といった医療的なケアも任されることになります。そして実務経験が3年を超えると、介護福祉士の国家試験の受験資格が手に入ります。国家資格ですから、合格した場合には、介護の専門職としての働きが期待されるようになります。医療的なケアはもちろん、介護施設の運営にも携わることができるのです。さらに実務経験が5年以上となると、ケアマネージャーも目指すことが可能となります。国家資格ではないものの、合格率が20%程度と低めとなっている上、合格すれば介護サービスの責任者としてのマネージメントを任される立場になります。それが待遇にも反映されるので、介護施設で働く人の多くが、この資格取得を最終目的として学習を進めています。

学校選びの大切なポイント

介護の資格を取得できる学校には2年制、3年制があり、それぞれに特徴があるため、自分の希望に添った学校を選ぶことが大切です。また、卒業後の就職先はどうなっているかという点も大切なポイントです。授業料と補講料に関してもチェックしておきましょう。